• 弁護士向け電話代行サービスの特徴

    電話代行とは、電話秘書とも呼ばれ電話の受付業務を代行してくれるサービスのことです。専用の電話受付担当者を置くことができないような個人事業主や中小企業などで広く利用されています。


    メリットとしては、経費削減とまた電話受付担当としてのスキルを持った担当者を置くことができるため、適確な電話応対が出来ることです。


    また電話代行を利用することで電話の内容を何らかの形で記録してくれるので情報を整理するという意味でも役立てることができます。

    珍しい弁護士の電話代行の優良サイトの情報を公開中です。

    一方で電話代行といっても、特定の業種に特化したものもあり、その代表的なものが弁護士事務所向けのサービスです。
    弁護士の多くは個人事業主といったところも多く事務所は不在になりがちです。

    かといって携帯電話で応対すると外出先で行うことになる可能性があり、業務に支障をきたす場合があります。

    最近何かと話題の毎日新聞の情報検索をお役立てください。

    このため電話代行の需要が高い業種といえます。

    しかし、単なる電話代行では弁護士という専門職に関する電話受付を行うのが難しいものです。



    このため弁護士向けに特化した代行が存在します。
    例えば急ぎではない用件の場合には連絡先を聞くという判断をしてくれますし、急ぎの仕事の案件であれば電話を転送してくれます。


    また電話に出られない状態の場合には用件を聞き、それらをメールで送信してくれるサービスもあります。


    弁護士をしているとさまざまな方面からの電話が掛かってくるので電話対応の良し悪しが業務にも大きく影響してきます。